宿泊
宿泊
友だち追加

お知らせ

カピックセンター の最新情報をお届けします。

臨時休館のお知らせ 

カピックセンターは9月18日、台風接近のため臨時休館を行うことになりました。

 

皆様、どうか台風に備え安全にお過ごしください。

 

≫ 続きを読む

2022/09/17   kapic

カピックセンターの利用ルールについて(2022年度最新版.8/1更新)

2021年6月21日

2022年8月1日更新

 

鹿児島県アジア・太平洋農村研修センター

(カピックセンター)

カピックセンターの利用ルールについて

 

現在の新型コロナウィルス感染症の感染状況および国や県の対応方針に準じ、施設利用に関するルールを以下の通りといたします。

 

対象期間:2021年6月21日(月)~当面の間

 

基本事項:カピックセンター利用者(研修者、宿泊者、見学者)はマスク着用、手指消毒、検温を行う。検温は基本的に入館時を含めて1日1回以上実施することとする。なお、体温が37度以上あった場合は経過観察を行い、37.5度以上の場合は帰宅させる。

 

利用制限:感染拡大地域(緊急事態宣言対象区域、まん延防止等重点措置区域など)にお住いの方々

現在、県は感染ステージⅡ(2022年7月31日現在)を維持しております。今後、上記のような感染拡大地域等の指定があり、県をまたぐ移動等の自粛制限要請などが発令された場合、当該地域からの施設利用希望者については、対象期間での施設利用をご遠慮頂きます。

(この利用制限は、国または県の方針や流行状況の変化に応じて随時変更いたします)

 

研修利用:研修室(A、B、C)、実習室、学習室、会議室について、各室の最大利用人数を原則として研修室ABC(各25名以下/仕切りなしで合計75名以下)、実習室(25名以下)、学習室(7名以下)、会議室(10名以下)とする。また、利用時は各人が1m以上の間隔を開けて着座し、空気清浄機を使うとともに、随時開窓して換気を図る。研修室内、ロビー、化粧室などに消毒液を常備して、入退室時の消毒を徹底する。

 

宿泊利用:洋室シングル、ツイン利用可能。原則としてツインのトリプル利用は避ける。和室は通常利用人数の半分(高隈15名⇒8名、大隅13名⇒7名)とし、空気清浄機を利用する。宿泊棟各フロアに消毒液を配置して、入退室時の消毒を徹底する。

 

見学:1団体30名以下で入館のこと。

入館時に検温を行い、来館者が目立って増えてきた場合(各人が1m以上の距離を保てない状況)、入場を制限する。

 

レストラン:最大同時利用人数を40名とし、隣同士の間隔を最低1m開ける、またはパーテーションを利用する。レストラン内には消毒液を置き、空気清浄機を使うとともに、随時開窓して換気を図る。40名以上の人数の予約が入った場合、時間をずらすことで対応する。食後の食器返却の際も間隔を開ける。また、洗面台には液体石鹸、消毒液を常備し、食前食後の手洗い、消毒を徹底する。

以上

≫ 続きを読む

2022/08/02   kapic

イベント中止のお知らせ(虫寄せの術)

お知らせ 本年度「虫寄せの術」開催中止について

 例年開催しご好評頂いている「虫寄せの術」についてですが、塚田先生の体調不良による療養期間と担当者のスケジュールが合わず誠に残念ですが開催を見合わせることになりました。

たくさんの方々からご好評を頂いており私共としても心苦しい限りではございますが、ご理解頂けたら幸いです。

 10月の「虫寄せの術・水棲昆虫編」に関しては先生の体調も完治し実施できるものと考えております。

是非そちらの方はご参加頂けたらと思います。

 これからも職員一同皆様方に楽しんで頂ける事業を実施して参りますので今後ともどうぞよろしくお願い致します。

≫ 続きを読む

2022/07/15   kapic

カピック公式LINEアカウントができました。

英語イベント専用のLINEアカウントができました。

 

カピックセンターでは、英語に関するイベント、特に小学生向けの英語イベントを定期的に開催しています。

LINEで友だち追加していただいている方に、いち早く情報をお届けします!

 

 

ご友人などへのシェアも大歓迎です♪

みなさまのご登録お待ちしています。

≫ 続きを読む

2022/01/16   kapic

制限付き開館のお知らせ(9/13-9/30)

<制限付き開館のお知らせ>

新型コロナウイルス感染症に伴う爆発的感染拡大により、KAPICセンターでは9/12まで一時閉館をしていましたが、9/13より下記の条件を付して開館とさせて頂きます。

 

〇利用条件について

既に予約されている団体で、緊急事態宣言地域、まん延防止等重点措置適用地域以外からの利用者は可。

※ただし県外からの利用者、新規の予約は全て不可。また利用者の方は、住所・氏名・連絡先・電話番号の事前提出、利用日には身分証明書等で本人確認をさせていただきます。

 

〇期間について

9月13日(月)~9月30日(木)

 

何卒ご理解とご協力を宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

≫ 続きを読む

2021/09/15   kapic

一時閉館延長のお知らせ

<一時閉館延長のお知らせ>

新型コロナウイルス感染症に伴う爆発的感染拡大により、KAPICセンターでは一時閉館を決定しましたが、閉館期間を延長とさせていただきます。

延長期間は下記のとおりです。何卒ご理解とご協力を宜しくお願い致します。

【期間】

9月1日(水)~9月12日(日)

≫ 続きを読む

2021/09/01   kapic

一時閉館のお知らせ

<一時閉館のお知らせ>

新型コロナウイルス感染症に伴う爆発的感染拡大により、KAPICセンターでは一時閉館を決定しました。

下記期間は、一時閉館いたします。何卒ご理解とご協力を宜しくお願い致します。

【期間】

8月26日(木)~8月31日(火)

≫ 続きを読む

2021/08/26   kapic

カピックセンターの利用ルールについて(2021年度最新版.6/7更新)

2021年6月7日

 

鹿児島県アジア・太平洋農村研修センター

(カピックセンター)

カピックセンターの利用ルールについて

 

県が感染拡大の警戒基準におけるステージⅢ を継続し、感染拡大警報を当初の6月7日(月)から6月20日(日)までの2週間延長することを決定しましたので、当センターにおいても施設利用に関するルールを、以下のとおり6月20日(日)まで延長いたします。

 

対象期間:2021年5月7日(金)~6月20日(日)

 

基本事項:カピックセンター利用者(研修者、宿泊者、見学者)はマスク着用、手指消毒、検温を行う。検温は基本的に入館時を含めて1日2回、午前(朝)、午後(夕)実施することとするが、午後に入館した場合、当日は入館時の1回で可とする。なお、体温が37度以上あった場合は経過観察を行い、37.5度以上の場合は帰宅させる。

 

利用制限:緊急事態宣言対象区域、感染拡大地域、まん延防止等重点措置の地域に

お住いの方々

現在、県は感染ステージをⅢに引き上げ、感染拡大警報(対象期間:5月7日~6月20日」を発令しており、上記の地域からの不要不急の来県自粛を求めています。そのため、当該地域からの施設利用希望者については、対象期間での施設利用をご遠慮頂きます。(この利用制限は、県の方針や流行状況の変化に応じて随時変更いたします)

 

研修利用:研修室(A、B、C)、実習室、学習室、会議室について、各室の最大利用人数を原則として研修室ABC(各25名以下/仕切りなしで合計75名以下)、実習室(25名以下)、学習室(7名以下)、会議室(10名以下)とする。また、利用時は各人が2m以上の間隔を開けて着座し、空気清浄機を使うとともに、随時開窓して換気を図る。研修室内、ロビー、化粧室などに消毒液を常備して、入退室時の消毒を徹底する。

 

宿泊利用:洋室シングル、ツイン利用可能。原則としてツインのトリプル利用は避ける。和室は通常利用人数の半分(高隈15名⇒8名、大隅13名⇒7名)とし、空気清浄機を利用する。宿泊棟各フロアに消毒液を配置して、入退室時の消毒を徹底する。

 

見学:1団体30名以下で入館のこと。

入館時に検温を行い、来館者が目立って増えてきた場合(各人が2m以上の距離を保てない状況)、入場を制限する。

 

レストラン:最大同時利用人数を40名とし、隣同士の間隔を最低2m開ける、またはパーテーションを利用する。レストラン内には消毒液を置き、空気清浄機を使うとともに、随時開窓して換気を図る。40名以上の人数の予約が入った場合、時間をずらすことで対応する。食後の食器返却の際も間隔を開ける。また、洗面台には液体石鹸、消毒液を常備し、食前食後の手洗い、消毒を徹底する。

以上

≫ 続きを読む

2021/06/08   kapic

カピックセンターの利用ルールについて(2021年度最新版.5/28更新)

2021年5月20日

鹿児島県アジア・太平洋農村研修センター

(カピックセンター)

カピックセンターの利用ルールについて

 

県が感染拡大の警戒基準におけるステージⅢ を継続し、感染拡大警報を当初の5月23日から6月6日(日)までの2週間延長することを決定しましたので、当センターにおいても施設利用に関するルールを、以下のとおり6月6日(日)まで延長いたします。

 

対象期間:2021年5月7日(金)~6月6日(日)

 

基本事項:カピックセンター利用者(研修者、宿泊者、見学者)はマスク着用、手指消毒、検温を行う。検温は基本的に入館時を含めて1日2回、午前(朝)、午後(夕)実施することとするが、午後に入館した場合、当日は入館時の1回で可とする。なお、体温が37度以上あった場合は経過観察を行い、37.5度以上の場合は帰宅させる。

 

利用制限:緊急事態宣言対象区域、感染拡大地域、まん延防止等重点措置の地域に

お住いの方々

現在、県は感染ステージをⅢに引き上げ、感染拡大警報(対象期間:5月7日~6月6日)を発令しており、上記の地域からの不要不急の来県自粛を求めています。そのため、当該地域からの施設利用希望者については、対象期間での施設利用をご遠慮頂きます。(この利用制限は、県の方針や流行状況の変化に応じて随時変更いたします)

 

研修利用:研修室(A、B、C)、実習室、学習室、会議室について、各室の最大利用人数を原則として研修室ABC(各25名以下/仕切りなしで合計75名以下)、実習室(25名以下)、学習室(7名以下)、会議室(10名以下)とする。また、利用時は各人が2m以上の間隔を開けて着座し、空気清浄機を使うとともに、随時開窓して換気を図る。研修室内、ロビー、化粧室などに消毒液を常備して、入退室時の消毒を徹底する。

 

宿泊利用:洋室シングル、ツイン利用可能。原則としてツインのトリプル利用は避ける。和室は通常利用人数の半分(高隈15名⇒8名、大隅13名⇒7名)とし、空気清浄機を利用する。宿泊棟各フロアに消毒液を配置して、入退室時の消毒を徹底する。

 

見学:1団体30名以下で入館のこと。

入館時に検温を行い、来館者が目立って増えてきた場合(各人が2m以上の距離を保てない状況)、入場を制限する。

 

レストラン:最大同時利用人数を40名とし、隣同士の間隔を最低2m開ける、またはパーテーションを利用する。レストラン内には消毒液を置き、空気清浄機を使うとともに、随時開窓して換気を図る。40名以上の人数の予約が入った場合、時間をずらすことで対応する。食後の食器返却の際も間隔を開ける。また、洗面台には液体石鹸、消毒液を常備し、食前食後の手洗い、消毒を徹底する。

以上

≫ 続きを読む

2021/05/28   kapic

カピックセンターの利用ルールについて(2021年度最新版)

2021年5月7日

鹿児島県アジア・太平洋農村研修センター

(カピックセンター)

カピックセンターの利用ルールについて

 

現在の新型コロナウィルス感染症の感染状況および国や県の対応方針に準じ、施設利用に関するルールを以下の通りといたします。

 

対象期間:2021年5月7日(金)~5月23日(日)

 

基本事項:カピックセンター利用者(研修者、宿泊者、見学者)はマスク着用、手指消毒、検温を行う。検温は基本的に入館時を含めて1日2回、午前(朝)、午後(夕)実施することとするが、午後に入館した場合、当日は入館時の1回で可とする。なお、体温が37度以上あった場合は経過観察を行い、37.5度以上の場合は帰宅させる。

 

利用制限:緊急事態宣言対象区域、感染拡大地域、まん延防止等重点措置の地域にお住いの方々

現在、県は感染拡大の警戒基準をステージⅢに引き上げ、「感染拡大警報(対象期間:5月7日~23日)」を発令しており、上記の地域からの不要不急の来県自粛を求めています。そのため、当該地域からの施設利用希望者については、対象期間での施設利用をご遠慮頂きます。

(この利用制限は、県の方針や流行状況の変化に応じて随時変更いたします)

 

研修利用:研修室(A、B、C)、実習室、学習室、会議室について、各室の最大利用人数を原則として研修室ABC(各25名以下/仕切りなしで合計75名以下)、実習室(25名以下)、学習室(7名以下)、会議室(10名以下)とする。また、利用時は各人が2m以上の間隔を開けて着座し、空気清浄機を使うとともに、随時開窓して換気を図る。研修室内、ロビー、化粧室などに消毒液を常備して、入退室時の消毒を徹底する。

 

宿泊利用:洋室シングル、ツイン利用可能。原則としてツインのトリプル利用は避ける。和室は通常利用人数の半分(高隈15名⇒8名、大隅13名⇒7名)とし、空気清浄機を利用する。宿泊棟各フロアに消毒液を配置して、入退室時の消毒を徹底する。

 

見学:1団体30名以下で入館のこと。

入館時に検温を行い、来館者が目立って増えてきた場合(各人が2m以上の距離を保てない状況)、入場を制限する。

 

レストラン:最大同時利用人数を40名とし、隣同士の間隔を最低2m開ける、またはパーテーションを利用する。レストラン内には消毒液を置き、空気清浄機を使うとともに、随時開窓して換気を図る。40名以上の人数の予約が入った場合、時間をずらすことで対応する。食後の食器返却の際も間隔を開ける。また、洗面台には液体石鹸、消毒液を常備し、食前食後の手洗い、消毒を徹底する。

以上

≫ 続きを読む

2021/05/14   kapic