KAPIC(カピック)センターとは?

国際交流・国際協力の拠点施設

KAPIC(カピック)センターとは、鹿児島県アジア・太平洋農村研修センター(Kagoshima Asia Pacific Intercultural Countryside Center)の通称です。鹿児島県の国際交流・国際協力の拠点として平成6年に開設されました。

豊かな自然の中で、国際理解研修や、アジア・太平洋諸国等からの研修生受け入れ、世界の人々との交流イベントなどを行っています。また、各種団体や教育機関などが実施する研修等にも、幅広くご利用いただいています。

概要

開設 平成6年4月1日
場所 鹿児島県鹿屋市上高隈町3811-1 (大隅湖ほとり)
宿泊施設 定員60名
(但し、修学旅行や合宿などの形態の場合は72名まで可能です)
宿泊施設設備 シングル10室 / ツイン17室 / 和室2室(各8名) / 冷暖房完備 / 洋室(ユニットバス) / 和室(共同浴室)
研修設備等

研修室3室(最大200名) / 調理実習室 / 会議室 / 図書室 / レクリエーション室 / 食堂 / ランドリー

詳細は「施設案内のページ」をご覧ください。

事業

一般県民を対象とした国際理解研修、外国人を対象とした日本語・日本文化研修をはじめ、国際交流・国際協力に関するさまざまな事業を実施しています。

詳細は「センターの事業のページ」をご覧ください。

 

センターの 事業報告書は、こちらをご覧ください。

 

管理運営

鹿児島県の施設であるカピックセンターは、指定管理者制度に伴い平成18年度から、「鹿児島国際交流協力センター」によって管理運営されています。

「鹿児島国際交流協力センター」は青年海外協力隊など、海外ボランティアの経験者たちが中心となって活動している3つの団体(公益社団法人青年海外協力協会特定非営利活動法人九州海外協力協会・青年海外協力隊鹿児島県OB会)によって構成されています。

カピックセンターのスタッフは、全員が海外ボランティアの経験者です。
 

 |  施設 ≫